顔のシミを消す方法

夏の乾燥肌はこんな理由から

乾燥とは無縁の夏。
それなのに肌が乾燥することもあります。
最近では、夏の乾燥肌に悩んでいる方も少なくないのですが、どうして乾燥をしてしまうのでしょう?
だいたい想像がつくのは、エアコンの普及にあります。


夏の外はとても暑く、汗をたくさんかきますが、エアコンが効いている室内に入ると、汗はしずまって、気持ちも良くなります。
そうして、やってくるのが乾燥です。
エアコンで、冷えた空気を流しているだけではなく、除湿をしている場合も同じことがいえますが、空気を乾燥させているのですから、外の暑さとは全く違い環境になってしまうのは当然のことです。


しかし、外も気温が高く、汗はたくさんかきますが、やはり太陽光は強烈で、その暑さで乾燥、太陽光や紫外線で乾燥してしまう事もあります。
要するに、暑くて汗をかくし、皮脂もたくさん出る環境だけど、夏は乾燥肌を作る要因はたくさんあるとお考えください。
ですから、夏の乾燥肌は決して特別なことではなく、十分にあり得る話と思ってよいでしょう。

 

肌が乾燥すると言うのは、表皮の水分と油分がなくなってしまうからです。
内部の水分の蒸発防止をしているのは、たった0.02mmのほどの薄さの皮膚です。
それをバリアとして、水分と皮脂をうまく調節しながら、保湿も行っています。

 

空気の乾燥したり、お湯の刺激にあったり、摩擦などで皮脂膜が取れ、ダメージを受けると、保湿機能の低下が起こって乾燥肌になります。
真夏の太陽、エアコンの冷風、乾いた室内などが原因になります。
ですから、夏であっても乾燥肌になる可能性が極めて高いことは認識をして、スキンケアも入念に行なうことをおすすめします。
特に、保湿に関しては、エアコンの室内では、すぐに肌がカビカビになってしまうことから、朝のメイク時にはきっちりと行う必要があります。

 

夏の乾燥肌なんて知らなかったという方も少なくありません。
エアコンを欠ける時には、加湿器なども使用するなど、湿気のある涼しい環境にすることも大切です。