顔のシミを消す方法

美白化粧品で消せるシミと消せないシミとは?

年を重ねるごとにシミは年々増えてきます。
シミが気になりはじめてまずおこなうのが美白化粧品によるケアではないでしょうか。
出来てしまったシミを消したい!と高い美白化粧品を使っても、実は消えるシミと消えないシミがあるのです。

 

 

肌には「基底膜」というのがあるのをご存じですか?
肌の表皮と真皮の間にあるのが基底膜と呼ばれ、肌にとって重要な役割を担っています。紫外線を浴びると基底膜は壊され肌のターンオーバーは遅くなりシミの原因となってしまいます。
この基底膜で作られるシミは美白化粧品での改善が可能ですが、「真皮」という肌の奥にできてしまったシミは美白化粧品では消すことができないと言われています。
真皮のシミ治療は、レーザーでの治療をしなくてはなりません。

 

 

では実際、美白化粧品ではどんなシミの治療が可能なのでしょうか?
“老人性色素斑”と呼ばれるもっとも一般的な紫外線などによるシミには効果があります。初期段階の薄いシミの状態であれば消えやすいのでお早目のケアをおすすめします。

 

また“炎症後色素沈着”というニキビや傷痕が炎症し色素沈着してシミのようになってしまったものにも効果的です。消えるのにはやや時間がかかるため、ピーリングと併用しておこなっていただくと即効性があります。
雀卵斑、通称そばかすも美白化粧水で薄くすることは可能ですが、完全に消すことは難しいかもしれません。

 

 

逆に消えないシミは“太田母斑”というアザのような真皮にできるシミです。また“花弁状色素斑”という海などで急に日焼けしてできた肩から背中にかけてできるシミは美白化粧品の効果がほぼありません。除去するにはレーザー治療をおこなうしかありません。

 

美白化粧品で消せるシミと消せないシミを見極めて効果的に使用しましょう。