顔のシミを消す方法

30代を過ぎたら「大人の美白」でシミ撃退!

・30代に突入してから、なんだかシミが増えた気がする。

・出来たシミが全然消えない!
・日焼け対策はしているのに…顔全体が「くすんでいる」感じがする。

 

もし、1つでも思い当たった方は、間違った「シミ対策」をしている可能性があります!
年齢を重ねるごとにお肌の「質」も変わるもの。
年齢肌にはそれに合ったお手入れが必要です。

 

では、どうして30歳を境に「シミ」は消えにくくなるのでしょうか?
それは、年齢とともに「お肌を守る力」が後退してしまうからなんです。

 

紫外線を受けても、シミの原因である「メラニン」の発生を抑え、出来てしまったシミもすぐに排出できる力。それが「お肌を守る力」なんですね。
悲しことに、この力は30代から減少していまいます…。
でも、諦めるのはまだ早いです!
「年齢肌専用」のシミ対策がありますので、ランキングを参考に、ご自身の悩みにフィットしたシミ対策をしてくださいね!


リピート率が高い、効果のある、顔のシミ消しスキンケアとは?

顔のシミ消し!美白化粧品ランキング

ホワイトニングリフトケアジェル

絶対効果が欲しい人にはコレ!


  • マッサージが出来るテクスチャーが人気♪
  • 奥に隠れたシミにも効果的にアプローチ!
  • 薬用だから「実力」が違う!本気で消したい人向けの「美白ジェル」!
  • 医学雑誌にも掲載される”脅威のシミ消しパワー”!

>>詳細をチェック

シミに効く有効成分 メラニンの発生を抑える「プラセンタエキス」「アラントイン」
料金 4,098円(税込)
内容量 60g
トライアル なし (※そのかわり、全額返金保証付き!)

ホワイトニングリフトケアジェルの購入はこちら

サエル

敏感肌、妊娠中にも使用OK!


  • 寝ている間にしっかり美白!敏感肌のための専用美白クリーム
  • 保湿力が高いのに、べた付かない!潤い溢れるテクスチャー!
  • 外部刺激の侵入をカット!独自の技術で肌質を強く!

>>詳細をチェック

シミに効く有効成分 シミの生成にアタック!ビタミンC誘導体の「明日コルビン酸2−グルコシド」
料金 5,400円(税込)
内容量 30g
トライアル 化粧水、乳液、クリームがセットになったトライアルセット有!/10日分

サエルの購入はこちら

b.glen(ビーグレン)

知る人ぞ知る有名ブランド!


  • シミを薄くする「ハイドロキシン」の美白作用を丁寧に配合!
  • しっかりお手入れしたい方におすすめ!4点合わせて効果を実感
  • 浸透しにくいハイドロキシンを独自改良!メラニン色素にダイレクト浸透

>>詳細をチェック

シミに効く有効成分 ハイドロキシン、他有効成分
料金 22,842円(税込)
内容量 ローション150ml、エッセンス15ml、クリーム15g、リッチクリーム30g
トライアル 1,749円(税込)/7日分

b.glen(ビーグレン)の購入はこちら

顔のシミに効果があるスキンケアは…

ホワイトニングリフトケアジェル

奥に出来た「シミ」だって逃さない!一生シミなし肌宣言!

30代を過ぎてからの「シミ対策」。
20代とは「肌質」が大きく変化するので、いつまでも同じ方法はNGです!
肌のターンオーバーが後退する”30代の肌”には、「真皮のシミ」にまで美白成分を届ける必要があります。

 

「薬用ホワイトニングリフトケアジェル」は、深層まで有効成分を届けるために「マッサージ」できるテクスチャーにこだわりました!
現在発売される多くの美白クリームは、さらりとしたテクスチャーが主流ですが…柔らかすぎてマッサージには向きません。

 

マッサージをプラスすることで、表面のシミだけではなく「隠れシミ」にもしっかり効いてくれるんです!
この実力は医学雑誌にも取り上げられるほど!

 

しかも新陳代謝を促す効果があるので、古い角質や老廃物を排出して、「シミになりにくい肌」も手に入れられます。

 

オールインワンゲルなので、洗顔後はこれ1つでOK!さくっと使えるお手軽さも人気を呼んでいます!

ホワイトニングリフトケアジェルの購入はこちら

 

 

 

顔のシミができるのは年齢のせいだけじゃない!シミができる原因

 

当然ですが、私たちが日に当たらない日はほとんどありません!
汗をかいたり皮脂が出たりして、日焼け止めを塗っても流れてしまいますよね…。
裸になった素肌はダメージを蓄積して、やがて「シミ」ができてしまうのです。

 

そもそも、「シミ」とは何なのでしょうか?

 

開いた毛穴やシミには多くの種類が上げられますが、私たちに最も身近なシミは「肝斑」と呼ばれる種類です。
紫外線が当たると、その部分にメラニン色素が発生、沈着し、シミが作られます。
つまり、年齢を問わず「シミ」は誰にでも平等に起きる現象なんですね。

 

決定的に違うのは、シミを排出する「ターンオーバー周期」!
20代のうちは、およそ28日でお肌が生まれ変わるので、すぐにもとの白い肌に戻りますが、30代になると40日もかかってしまうんです!

 

そのため、深層で受けたダメージは長期間、肌内にとどまることに。
これが定着して「隠れシミ」になってしまうんですね…。

 

 

 

“美白化粧品”という表記ならばなんでも効くわけじゃない!

 

実は「美白化粧品」と名のつくもの全てが「シミに効く」という訳ではないんです。

 

まず、厚生労働省が認める「美白成分」すべてがシミに効くわけではない!ということを知っておきましょう。

 

「美白成分」=「美白効果を安全に発揮する成分」。
つまり、シミに効く「有効成分」をたっぷり含む商品を選べば、隠れシミや肝斑を撃退することが出来るんです!
具体的には、ビタミンC誘導体、アラントイン、プラセンタエキス…などの成分を含む美白化粧品なら、高い効果を期待できます!

 

しかし、シミに対してほとんど効果を発揮しないのに「シミに効く!」などと謳っている商品が数多くあります。
おすすめしている「薬用ホワイトニングクリアジェル」は、シミに効く有効成分「アラントイン」「プラセンタエキス」の2種類も配合しているので、とても高い効果を期待できるんです!
きちんと有効成分をチェックして、効果的にシミ対策をしたいですね!

 

顔のシミには種類がある!シミの種類と対策

顔にできてしまったシミを消したくて美白化粧品を使ってみたけど全然改善しない!
そんな経験ありませんか?
実はシミの種類は一種類だけではありません。どんなシミも同じに見えますが医学的には複数種類に分かれます。シミの原因や種類によってケアの方法も変わってくるので自分にできたシミはどの種類なのかしっかり見極めましょう。

 

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

一般的によくシミと言われているのがこのタイプです。日焼けなど紫外線によってできるシミで、初期の薄いシミであれば美白化粧品でのケアが効果的です。発生してから時間が経つと濃くなってしまうという特徴もあります。最近ではレーザーでのシミ治療も一般的になってきました。

 

・肝斑(かんぱん)

30〜40代に発症しやすく高齢者にはほぼ見られないシミです。女性ホルモンのバランスが関係しており乱れがちな方の発症が多く見られます。普通のシミにも似ていますが、目尻の下あたりに左右対称にできるのが肝斑です。内服薬の服用で改善が見られます。

 

・雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすとよばれるのがこのシミです。そばかすは遺伝的要素が強く小さいころに発症するケースが高いです。紫外線にも反応しやすく濃くなってしまう方もいるので気を付けましょう。ストレスとも関係性が高いので、規則正しい生活に気を付けてビタミンCなどを摂取るすようにしましょう。

 

・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビ跡や傷痕が残ってできてしまったシミを言います。一時的にシミのようになり時間はかかりますが消えるのが特徴です。ですが紫外線を浴びると濃く残ってしまうので注意が必要です。ピーリングを取り入れると早く治癒します。

更新履歴